ビタミン剤

料金:健康保険適用価格
保険診療:有り

にきび用のビタミンには、ビタミンC、ビタミンB群、ビタミンEの三種類が存在します。
ビタミンCは優れた抗酸化作用を持ち、脂質の酸化による炎症を緩和します。
また、メラニン色素の合成を抑止したり、コラーゲンの生成を促進するためにきび跡の改善にも効果があります。
さらに体の免疫力を高める作用があり、肌の保護機能を強化してくれます。

スポンサード リンク

ビタミンB群は肌の皮脂量をコントロールし肌の健康を保つ一方、ビタミンC同様、抗酸化と免疫力向上の効果を持ちます。
特ににきびの予防に効果のあるビタミンといえます。

ビタミンC・Bは水溶性のビタミンですが、ビタミンEは脂溶性で体内に長く留まります。
ビタミンEのおもな効果は抗酸化作用、肌の代謝促進などがあり、またホルモン分泌がスムーズになります。
ビタミンCと一緒に摂ると抗酸化作用の相乗効果で力を発揮しますが、ビタミンEは体内に蓄積しやすいので摂りすぎには注意が必要です。

この他の内服薬治療
抗生物質
漢方薬
イソトレチノイン

≪内服薬治療についての説明

»内服薬によるにきび治療を行っている皮膚科・クリニックを探す

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。