抗生物質

料金:健康保険適用価格
保険診療:有り

にきび用の抗生物質は「テトラサイクリン系抗生物質」と「マクロライド系抗生物質」の二種類が主流です。

スポンサード リンク

どちらも静菌性と呼ばれる細菌の成長を止める作用を持ち、成長の止められた菌はそのまま死ぬか、宿主の免疫系によって殺菌されます。
他にも抗炎症作用があり、にきびの炎症を鎮めたりにきびの化膿を予防できます。

抗生物質の欠点は副作用の強さです。
抗生物質はアクネ菌だけではなく腸の善玉菌まで殺してしまうため、下痢や便秘を引き起こす場合があります。
また、目眩、発疹、肝臓や腎臓の機能障害を起こす可能性も考えられます。
薬としてもっとも致命的なのが、菌が抗生物質に対して耐性を身につけてしまい、長く服用していると効き目が落ちてしまうことです。
以上の特性から、抗生物質は短期間の服用に留めておくのが良いようです。

この他の内服薬治療
ビタミン剤
漢方薬
イソトレチノイン

≪内服薬治療についての説明

»内服薬によるにきび治療を行っている皮膚科・クリニックを探す

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。