フォトフェイシャル

料金:10,000〜50,000円(1回)
治療時間:約30分
保険診療:無し

フォトフェイシャルとは、IPL(Intense Pulsed Light)という光を使用する治療法で、1998年にアメリカで開発されました。
普通のレーザー治療は単一波長ですが、IPLは500nm(ナノメートル)〜1200nmと幅広い波長を含んでいるため、それぞれの波長領域でしか出せない効果を一度に発揮することができます。
たとえばにきびを治療するだけでなく、しみやそばかすなどを治療したり、肌を活性化させることが可能です。

スポンサード リンク

治療の際はアイマスクを装着し、冷却作用のあるジェルを治療部位に塗ってからIPLを照射します。
刺激が弱いとはいえ、輪ゴムで弾かれたような痛みがあるので、痛みに弱い方のために、クリニックによっては麻酔用のクリームを用意している場合があります。

治療時間に対し安全性・効果が高いのが魅力ですが、医師免許を持たない看護士やエステサロンの従業員が施術を行ったり、信頼性の低いメーカーの機器が使われるケースがあります。
知識や技術のない者がフォトフェイシャルを行うとやけど等の副作用・トラブルの原因となり危険です。
本来フォトフェイシャルは「フォトフェイシャル協会」(http://www.photofacial.co.jp/)という団体に加盟している機関のみが施術できる治療です。
治療を受ける前にフォトフェイシャル協会に加盟しているクリニックかどうか確認することをおすすめします。

この他の光治療
フォトフェイシャルアクネス(クリアライト)
フォトRF(オーロラ)
クリアタッチ
青色LEDダイオード

≪光治療についての説明

»光治療を行っている皮膚科・クリニックを探す

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。