光治療

光治療とは、皮膚の深層まで光を当て、そのエネルギーでにきびの元となるアクネ菌を死滅させる治療法です。
体内に存在するポルフィリンという物質は光を当てると、反応して活性酸素を発生させます。
これを利用してアクネ菌を殺菌するというのが、光治療の基本的な原理です。

スポンサード リンク

レーザー治療と混同されることがありますが、強力で一点集中のレーザー治療に比べて、光治療は広範囲をソフトに、より安全に治療することができます。
ダウンタイム(腫れが引くまでの期間)もほとんどありません。
基本的に1回で治療が終わることはなく、2、3週間の間隔で5回ほどの照射を1クールとして行います。
以下に主な光治療を紹介します。

フォトフェイシャル
フォトフェイシャルアクネス(クリアライト)
フォトRF(オーロラ)
クリアタッチ
青色LEDダイオード

»光治療を行っている皮膚科・クリニックを探す

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。