レーザー治療

レーザー治療とは、レーザーを局部的に照射し、にきびの原因となるアクネ菌やにきび痕を破壊する治療法です。
フォトフェイシャルなどの光治療と混同されることがありますが、広範囲を比較的弱い光で滅菌する光治療に比べて、レーザー治療では強力な光線でにきびの原因となる箇所を蒸発させます。
レーザー治療では総じて施術直後に若干の赤み(ダウンタイム)が残りますが、種類によってその期間は変わります。また色素沈着や毛細血管拡張などの副作用も考えられます。

スポンサード リンク

基本的に1回で治療が終わることはなく、2、3週間の間隔で5回ほどの照射を1クールとして行います。
以下に主なレーザー治療を紹介します。

CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)
クールタッチレーザー
Vビームレーザー

»レーザー治療を行っている皮膚科・クリニックを探す

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。