イオン導入(イオンフォトレーシス)

料金:3,000〜5,000円(1回)
治療時間:約10分
保険診療:無し

イオン導入とは、電気の力を利用して美容成分の肌の深層まで浸透させる治療法です。
高濃度ビタミンCやプラセンタを浸透させるために使われますが、にきびの治療にはビタミンCが使われます。
ビタミンCには皮脂分泌や、炎症、メラニン色素を抑制する作用があります。

これらの有効成分は水溶性のため、肌に塗っただけでは皮脂に弾かれほとんど浸透しません。
そこでこれらに電気刺激を与えてマイナスイオン化し、さらにマイナスの電極を当て反発させ、肌の奥深くまで入り込ませます。
このときの浸透力は普通に塗ったときの何倍にもなります。

スポンサード リンク

注射器に頼らず体内に美容成分を入れることができ、体への負担を軽減できるのがイオン導入の大きなメリットです。
ただし、微量とはいえ電気刺激を肌に連続して与えるため長時間の同じ箇所への使用は危険を伴います。
同じ理由でペースメーカーを使用している方への適応は難しいようです。

施術後は皮脂が抑制され肌が乾燥してしまうので、乳液やクリームで保湿する必要があります。

イオン導入は多くのクリニックで取り扱っていますが、市販のホームケア用イオン導入器を使って自分で行うこともできます。
イオン導入器は3,000円ほどから購入できますが、クリニック用のものと比べ電流が弱く、効果には個人差が生じます。

クリニックで施術する場合、ケミカルピーリングとセットのコースを用意しているところが数多くあります。
ケミカルピーリングで柔らかくなった肌にイオン導入を施すことによって、さらに効果的にビタミンCを浸透させることができます。

»イオン導入によるにきび治療を行っている皮膚科・クリニックを探す

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。