にきびの基礎知識

思春期のにきびとは?

思春期になるとにきびがとても増えやすくなります。
ホルモン(男性ホルモンなど)が盛んになることによって、皮脂の分泌が盛んになり、皮脂が毛穴に溜まりやすくなるのが原因とされています。細菌(アクネ桿菌)が増殖し炎症を起こしてしまうのです。

スポンサード リンク

男性の皮脂の分泌を盛んにするのが、男性ホルモンであるテストステロンです。思春期の男性の8割ににきびの症状が出ると言われるほどテストステロンの影響を受けています。一方、男性ホルモンが少ない女性のにきびの原因は、副腎アンドロゲンの作用と考えられており、皮脂の分泌量と血中の副腎アンドロゲンの濃度はほぼ比例すると報告されています。

スポンサード リンク

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。