にきびの治療法

市販の薬

薬局や化粧品店、スーパー….ニキビ対策の薬や化粧品は様々なところでよく目にします。あり過ぎて、どれにしようか迷いそうです。でも買うからにはその効果を期待したいところですね。市販の薬が、病院で処方されている薬との大きな違いは、抗生物質が含まれていないということです。そのため、副作用などの心配がなく誰でも安心して利用することができます。 

ところで、医薬品と医薬部外品という注意書きを目にしたことはないでしょうか。市販されている治療薬はこの2種に分類されています。名前からしても医薬品の方が高い効果があるということは分かるでしょう。医薬部外品は化粧品と医薬品の中間です。有効成分としては、角栓柔軟・除去を目的とした低濃度のイオウなどが用いられますが、そこまでの効果は期待できないようです。

スポンサード リンク

しかし医薬品であれば抗菌・抗炎症作用や皮脂除去の効果があります。なので、ある程度症状は治まるようですが、ニキビの原因は改善されていないので、完全に治癒するわけではないようです。

このように、市販の薬は抗菌・抗炎症作用や皮脂除去の効果を発揮するものが多くどちらかと言えば、皮脂が過多になりやすい思春期のニキビに向いているようです。そのため大人のニキビには、刺激が強いこともあります。大人の場合は使う薬をきちんと選ぶことが必要になってくるようです。

市販の薬の中でも特に好評な市販の物をあげてみました。(あくまで、人の体験談によるものでかならずしも全ての人に効くとは限りません。)

  薬の名前
効果
塗り薬 オロナイン
H軟膏
殺菌効果にとても優れた皮膚疾患外傷治療剤です。
飲み薬 チョコラBB 吸収にすぐれた活性型ビタミンB2が、細胞の新陳代謝を助けて皮膚・粘膜の症状を改善します。
スポンサード リンク

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。