にきびのお手入れ

にきびと化粧・日焼け止め

ニキビで重要なことは刺激を与えないことです。最近の美白ブームや、紫外線の肌への害から日焼け止めを利用する人は多いことでしょう。そんな日焼け止めは、ニキビを防ぐ面にも効果を発揮します。刺激を嫌うニキビを、日焼け止めによって、紫外線による外的刺激から守るのです。そうすることで悪影響の侵入を防御し、ニキビの悪化を防ぐことが可能となります。

このような日焼け止めの隠れた効果を知ったところで、多くの大人の女性が避けて通れない「化粧」があります。誰に言われたわけでもなく、ニキビに悪影響があることは周知の事実でしょう。しかしニキビを隠すために塗りすぎて、一層悪化させる場合も目にします。そのため、好ましいのはポイントメイクですがそういうわけにもいかないのが現実です。

スポンサード リンク

ニキビ肌の人にとって、気包を閉塞しないことが重要なため、クリームタイプやリキッドタイプのものより、ファンデーションやおしろい状のものが望ましいようです。以下に化粧をする際のポイントをあげてみました。

しかし、いくら隠したいニキビでも炎症部位への使用は避けるべきです。部分的にできてしまっている場合は、その部位を残しながら全体につけていくのが好ましく、スポンジやパフなど刺激が少なく清潔なものを用いるのが良いでしょう。

スポンサード リンク

ニキビ・にきび跡、大人・背中のニキビの口コミ情報サイトです。